生徒さんの声

2019 2018 2017
2016 2015 2014

※ここに掲載してある生徒さんの声は、卒業生のほんの一部です。

2019年

昨年度卒業し、浪人をしていたKF(こちら側でイニシャルに変更)です。横井先生、ご無沙汰してます。今年の受験なんですが、昨年に引き続き今年もセンターで失敗してしまい、結果としては九州大学の文学部を受験し、無事合格しました。先生に教わった英語は安定してセンター、二次試験共に安定して得点できたと思います。九州に下宿するのでバイトは出来ないのですが、また機会があれば何とぞとよろしくお願いします。

p.s
今年の経験からなのですが、九大のキャンパスは博多駅からかなり遠いのでバスを予約するなり何かしらの対策を講じた方が良いと、もし九州大学を受ける生徒がいたらお伝えください。 ←こういったところにこの子のいい性格が良く出てるでしょ!(横井談)

2019年3月9日、私は大阪大学外国語学部外国語学科ロシア語専攻に現役合格した。
はじめに断っておくが、高校2年生頃までの私は決して優秀でなかった。むしろ他人より劣ってさえいた。英語の定期試験はいつも赤点ギリギリで、
「もっと勉強せんか。」
と学校の先生に言われ続け、数学にいたっては定期試験で100点中の5点という、180°回って素晴らしい点数を取るほどだったのだ。
当然、模試の結果も良いはずがない。当時目指していた京都大学経済学部はもちろんE判定、第二志望かつ実際に合格した大阪大学外国語学部も当時はE判定だ。
状況を改善するため、とある個別指導塾に通ったこともあったが、思ったような効果が出なかった。今思い返せばその理由が分かる。勉強で最も大切なもの、“基礎”が出来上がっていないのに、二次試験などの応用問題に手を出していたのだ。
歩学舎と出会ったのは2年生の冬。成績の低迷に悩む私を見兼ねた母が勧めてくれたのがキッカケだった。
歩学舎で最初に使ったテキストは、英語が『くもんの中学基礎がため100%』、数学が『白チャート』。どちらも初歩的なテキストである。
「曲がり形にも天下の進学校、西大和学園に名を連ねる私が、こんな初歩を理解出来ていない筈がない。」
歩学舎に入学した当初はそう思っていた。
しかし、いざ取り組んでみると意外に分からないことがある。三単現のsを抜かしたり、過去分詞の不規則活用が曖昧だったり。面白いものだと、数字を英語で書くのに戸惑ったりした。前に述べたように、基礎が出来ていなかったのだ。
自己の欠陥に気付いた私は横井先生の指導の下、徹底的に基礎を固めた。英語は中学から始めて、次は高校の基礎。数学は最も簡単なところから。こうした努力を重ねるうちに、定期試験や模試の点数が徐々に伸びはじめた。英語の定期試験では、7~8割の得点を安定して取れるようになった。模試に於いて、京都大学経済学部は依然として判定がDを超えることは無かったが、大阪大学外国語学部に関しては、判定がCやBに届くようになってきたのだ。親には、
「最近、頑張っとるなぁ。」
と言われるようになり、学校の先生からも「このままいけば、京大も夢やないで。」という、当時の私にとっては最大級の褒め言葉を頂いた。
しかし、現実はそう甘くない。数学の実力が夏休み頃に伸び悩み始めたのだ。それからもめげずに相応の努力を続けたのだが、実力を伸ばし切ることができず、またセンター試験の結果も芳しく無かったため、京都大学を断念し、大阪大学外国語学部を受験することとなった。
当然悔しかったが、ここから私の逆転劇が始まる。大阪大学外国語学部の二次試験では、数学を利用する必要がない上に、英語が配点の6割を占める。数学は苦手だが、英語が得意分野となっていた私には有利な条件である。
センター試験が終わってからの約1カ月、ひたすら歩学舎のビデオ講座で過去問や英作文を特訓した。この講座では横井先生流の、かなり実戦的な長文の読み方、自由英作文と英訳の書き方、和訳の書き方などが解説されているので、下手な塾講師の解説を生で受講するよりも100倍効果があったと思う。
こうして迎えた二次試験当日。もちろん緊張したが、今までの努力に自信があったので、応援に来ていた学校の先生から
「もうお前は学部生にしか見えん。」と言われるくらいには落ち着いていた。
肝心の試験も、程よい緊張感を持ち、冷静に受けることができた。
合格発表の3月9日。サーバーの不具合の為、本来なら午前9時には結果を見られる筈だったが、実際に結果を知ったのは昼頃。液晶上の受験番号「115049」を見たとき、自然と喜びの涙が流れてきた。
両親、学校の先生、そして横井先生に感謝の意を。そして受験生の皆さん、自分の目標が遠過ぎると言って諦めないでほしい。一年あれば人は変われるのだから。

お久しぶりです。
大阪大学人間科学部に無事合格致しました!
大阪大学の数学は各分野の基礎を組み合わせて解ける問題が多く、現役中に歩学舎において白チャートで学習したことを活かせたように思います。

私が歩学舎に入塾したのは、中学3年生の時でした。当時、予備校の授業について行くことが難しくなり、両親に連れられて歩学舎の面接に来ました。渡されたプリントは中1の英語のプリントでしたが、完璧に解けず やり直す思いで入塾しました。そのため、中1から戻る勉強法をすんなり受け入れられたと思います。
私が習っていたのは主に数学と英語で、高校生から古典と化学もお世話になりました。どの教科も成績が悪く本当に苦労しましたが、基礎を固めることの大切さを先生から教わり勉強法を変えることで、学校で上のクラスの入ることができ、違った世界を観たような気がしました。先生には、とても感謝しています。
私が一番思い出に残っているのは、英語です。Whenの訳し方を間違えて、中学内容を3周もしました。これだけを聞くと どれだけできない人だと思われるかも知れませんが、私にとって、この3周は、「中学内容はカンペキ」と言える自信に繋がり、良い経験だったと思っています。
私は歩学舎で常に悔しい思いで勉強していました。その悔しい思いがバネとなり、様々な勉強の苦難を乗り越えて合格できたと考えています。大学生になると新たな学問を学び、悩むこともあるかもしれませんが、歩学舎で培った基礎を大切にするという経験を忘れずに精進にしていきたいです。
最後になりましたが、約4年間本当にお世話になりました。
英語が好きになったのは先生のおかげです。
ありがとうございました。

夜分遅くに失礼致します。
お久しぶりです。全然顔を出せていなくてすみません。

事後報告です。
1/22に摂南大学、1/26に奈良学園、1/27に関西医科大学を受けました。模試でA判定でていた天理医療大学にも受けるつもりだったのですが出願の際に志望動機書が必要らしくてなにも思いつかず結局締切に間に合いませんでした。
2/1に奈良学園の合格発表で合格が決まりました。
2/2に関西医科大学の合格発表で落ちましたが補欠合格が決まりました。
摂南大学は華麗に落ちました。

奈良学園にお金を振り込んで入学前オリエンテーションにも参加して入学する気満々でした。
そしたら今日(昨日)の昼頃に電話があってなんと関西医科大学繰り上げ合格になりました!!
なので奈良学園は入学辞退して関西医科大学に入学したいと思います。
だめだめな英語が足引っ張りすぎることなくここまでこれたのは先生のおかげです!有難う御座います!

国数英小論文で受けました。1番足引っ張ったのは国語でした(笑)
長文もある程度理解できて解けました!
森田くんの連絡先だけ知っていたのですぐに報告しました!先生にも遅くなりましたが報告です!
センターの自己採点は英語6割でした。模試で30点台取っていたわたしが4倍も成長出来ました!有難う御座います!!
順番ぐちゃぐちゃになりましたが約1年間本当に有難う御座いました。
お母さんも横井先生のおかげやであんたほんま、小包とか持っていきたいって言うてました(笑)
でも私も横井先生のおかげやと思ってます!授業中自分で考えることが出来ました。本当に有難う御座いました!

この度
同志社大学文化情報学部
に進学することが決まりましたので報告させていただきます。

短い間でしたが、「基礎」を重んじる指導方針のおかげで今年の勉強もブレずにできたと思っています。
これからも大事にしていきたいです。
ありがとうございました。

それでは失礼いたします。

私は私立高校の野球部に所属しており、部活が忙しく塾に通っていませんでした。
しかし、高3になり大学受験に関して焦り始めていた頃から、引退後の時間の使い方を考え、高校周辺や通学途中に通える塾をいくつか検討していました。
5月、歩学舎に見学とレベルチェックに行きました。
歩学舎への人塾の決め手は、「大手予備校のように志望大学の英語を解けるようになる勉強だけをするのではなく、英語の基礎をしっかりとやればどんな英語でも読むことができる。」という横井先生の言葉に惹かれたからです。
しかし、入塾早々衝撃を受けました。なぜなら、先生からの最初の指示は高3の私に中1 英語のテキストをやることだったからです。中学英語は完璧だと思っていましたが、いざやってみると品詞分解ができなかったり、色々な欠点が見つかりました。
自分は英語を得意だと思っていましたが、今まで全く理解できていなかったことを実感しました。
横井先生の指導でまずは中3までの英語をやり直しただけで、学校の援業で扱う難しい英文解釈も見方が変わり、正しく読むことができるようになりました。日を重ねるごとに受験英語だけではない英語の面白さなども教えていただき、通塾が楽しかったです。
歩学舎で最も大切なことは『自分と先生を信じることです』
周りの友達は志望大学の難しい英語をやっているのに自分はこれでいいのかと思うときがあるかもしれません。そこを焦らずやり続けると英語の本質というものを教えていただけるので、どんな英文でも読むことができるようになると思います。それまでに少し時間がかかるだけです。
英語をわかっているつもりなのに、なかなか英文を読むことができない方に是非おすすめしたい塾です。

横井先生、お世話になりありがとうございました。

私が「歩学舎」に通い始めたのは高1の秋頃でした。
当時は大学受験など全く考えずにチャラチャラと遊んでばかりだった私を見るに見かねた母に連れて行かれました。通っているうちに、自分では理解していたつもりの英文法に意外とムラがあることに気づかされ、もう一度理解し直し、覚え、ちゃんとした土台を作ることができました。
サボっていたため覚えてなさすぎた熟語と単語も、毎回の小テストがあったのでコツコツ覚え直していくことができました。
英語の長文を読むのが遅かった私が、ある程度のスピードで理解しながら読めるようになったのは「前から読む」クセをつける学習にあったと思います。
そして何より、受験勉強において大切な、「自分で考える」ことを当たり前にしていた「歩学舎」のおかげで、学んだことを習得していけたのだと思います。
私が「歩学舎」でやっていたのは基礎練習みたいなものがほとんどでしたが、合格には本当に欠かせないものでした。
現在、昔からの憧れだった大学に通えて、慣れなくてしんどい時も多いですが楽しいです。
横井先生、本当にありがとうございました!!

お電話でのお問い合せ TEL:自立学習型個別指導塾「歩学舎 生駒校」 インターネットでの問い合わせはこちら