A.I君 大阪大学経済学部 合格

A.I君 東大寺学園卒
大阪大学経済学部

 平成21年2月、僕は大阪大学に受かりました。その功績の裏には恩師とでも言うべき存在、横井先生がいました。
 僕と先生が出会ったのは19年の夏でした。その頃の第一志望はでっかく京大経済学部。英語の偏差値は45!!(全国模試で)これで京大の英語に挑もうとするなんて、あの頃の僕は頭に脳みそではなくプリンか何か詰まっていたのでしょう。
 まあ、そんなこんなで勉強を始める訳なんですが、始めるにあたって横井先生は「基礎ができれば京大の英語も解ける」と主張する訳です。そんな大げさな…なんて思いつつ「基礎」とやらを始めることになったのですが…。横井先生から手渡された物は、「中2の教科書」。「中1は勘弁してやる」とのたまう横井先生。いや全く横井先生はやさしいなぁ、HAHAHA。…とかいっている場合じゃない。なんだ中2って。馬鹿にしているのか、とか思ったりしました、まあ、実際馬鹿にされていたんですけどね。
 こんな感じで高3の夏に京大を目指して中2の教科書を開くという一見矛盾した勉強が始まりました。さすがに基礎なので1ヶ月ほどで文法をすべて見直すことができました。
 しかし、馬鹿にしていた教科書も意外とあやふやなところが多かったりしていたので、後から思うとここで不安要素をつぶしておいたのがよかったのかななんて思ったりして。
 横井先生の主張はほかにもありました。「単語帳は邪道」一般的に英語を勉強する際には単語帳に走りがちです。僕も全力疾走していました。確かに単語帳はすごく便利そうに見せるのですが、単純暗記は他につながらないんですよね。まあ、受験後にそのことに気づいたんですが…。ただ、単語を調べるのには便利だし、あまりにも単語力がなかったので、なんだかんだで使う許可はでました。でも即○ミ(某有名書籍)は禁止されました。アーメン。
 では、どのように単語力をつければいいのかと聞くと「英文を読むしかない」ということでした。まあ、当然といえば当然ですね。その当然のことが当時の僕には理解できていなかった。というか、理解したくなかった。だって、英文読むのは面倒くさいし、疲れる。だから単語帳を丸暗記して、文法とイディオムを押さえたら英語の成績が上がると思いこんでいましたね。それは間違いだったわけですが…。
勉強を続けて一番最初に効果が出たのは英作文でした。何が変わったかというと、手数が増えたということです。というのは、基礎を固めたおかげで英作する日本語の文を見た時に複数個の文法が頭にパッと浮かぶようになりました。これにより今までわからなかった英作文をニュアンスを変えずに遠回りに表現できるようになりました。これにより得点力が大きく上がった気がします。これに味をしめて、いろいろとごまかし戦術を習得していきました。
 そして、最終的には京大の英作文にも対応できるようになりました。これは大きな原動力になった気がします。
 そのまま調子に乗っていたら、いつの間にか英語の成績は上がっていました。本当にいつの間にか。足を引っ張らない程度にですが…。
 12月からはセンター対策。解く事は問題なかったのですが、時間が足りない…。速読の練習には苦労しました。そして、何とか本番で166点とそれなりの成績を収めました。2次試験でも65とそれなりでしたが数学の崩壊により、受かることはできませんでした。結局、どの大学にも受かることができず浪人する事になりました。
 ここからは1年間地道な勉強でした。英語に関してはそれなりに安定していたと思います。
 20年の11月頃に志望校を大阪大学に落としました。理由は京大実戦でめちゃめちゃ成績が悪かったからです。浪人でバクチはできないから仕方がないとはいえ、めちゃめちゃくやしかったし、モチベーションが下がりました。そのせいとは言いませんが、21年1月のセンター試験は大コケしました。全体で7割7分。大阪大学ですらE判定。駿台のデータではそこから受かった人は昨年1人という絶望的な状況。ですが、なぜかイケるという確信がありました。それは京大の問題を解いてきたからなのか、頭のネジがゆるんでいたからなのかは分かりませんが…。
 実際に計算してみると、2次試験で平均7割ださなきゃいけないじゃないですか。こりゃ無理かもと思ったりもしましたが、願書を出してしまったからやるしかないという訳でがむしゃらに勉強しました。たまに餌付けされながら。結局、英語は本番では126点。ピッタリ7割でした。他の科目も調子が良かったため無事合格することができました。
 逆境の中からもぎ取った勝利は格別のものでした。今では楽しく有意義に大阪大学に通っています。最後になりましたが、横井先生のおかげで合格することができました。  長い間ありがとうございまいた。

S.S君 同志社大学政策学部政策学科 合格

S.S君 金光八尾高校卒業
同志社大学政策学部政策学科

 私は大阪の私立高校に通っていたのですが、在籍していた特進クラスでは上位の大学合格を狙うために日々難しい応用問題などを解いていました。もちろん学校でも基礎・基本は教えてもらえたのですが、日に日に難しくなっていく勉強に対して応用はおろか、基礎・基本すらもまともについていけなくなりました。
 しかし伊藤塾に入塾してからは状況が変わりました。伊藤塾では学校でやっているような応用問題をたくさん解いていくのではなく、3年間、基礎・基本を徹底的に勉強し続けました。基礎・基本を集中的に勉強していくうちに学校での勉強もついていけるようになり、三年生になるころには、特進クラスの中でも成績上位者しか入れないクラスに入ることができ、またセンター試験では9割以上の得点をとることもできました。入塾する前の自分では考えられないような成績でした。
 応用問題をたくさん解いて、応用問題に慣れておくことは重要です。しかし土台となる基礎・基本があってこその応用です。たとえ難しい問題が出てきたとしても、基礎・基本さえしっかりと固めていれば落ち着いて問題が解けるはずです。伊藤塾の勉強スタイルは成績は伸び悩んでいた自分にとって最適の場所だと感じました。
 注:伊藤塾真美ヶ丘校高校部受託時の生徒です!

R.I.さん 近畿大学理工学部社会干渉工学科 合格

R.I.さん 近畿大学付属高等学校卒業
近畿大学理工学部社会干渉工学科

私は高校時代、私立の理系クラスに通っていました。進学校ということもあり、授業の進むスピードが早く、ついていくのが大変でした。学年が上がるにつれて、だんだんとわからないことが多くなり、授業についていけなくなってしまいました。席次も下がる一方でした。
 しかし伊藤塾では、先生と相談の上、自分にあったカリキュラムを組み、勉強を進めることができました。つまずいたところを中心に、一から基礎を丁寧に教えてもらえるので、頭の中が整理され、勉強しやすかったです。また、基礎を学ぶことで、思考力が身につき、気づかないうちに難しい問題も解けるようになりました。マンツーマン体制なので、どうしてもわからないところはすぐに質問ができるので安心して授業が受けられました。
 伊藤塾は、自習室があるのも特徴だと思います。自習室では、私語厳禁、携帯禁止など、勉強する雰囲気が整っており落ち着いて勉強に取り組むことができました。家などと違い、テレビや音楽といった誘惑を断って勉強するので集中力がかなり身につきました。
 伊藤塾に入塾し、基礎を学びなおすことにより、自然と実力がつき、席次も常に上位をキープすることができました。伊藤塾は、本気で勉強するという意思に応えてくれる塾だと私は思います。

 注:伊藤塾真美ヶ丘校高校部受託時の生徒です!

A.I.さん 武庫川女子大文学部教育学科 合格

A.I.さん
武庫川女子大文学部教育学科合格

私は3年の4月に伊藤塾に入塾しました。
 先生はすごく熱心に指導してくださり、怒られたりすることもありました。
 また私は、8月まで部活中心の生活を送っていて、部活の大会前や練習が夜遅くなったりして塾に行けない日が続いたりしました。が、行けなかった分を引退してからに振り替えて貰ったり、また、受けることが出来なかった集団指導の授業もMDに録音して頂いたりもしていました。 このような伊藤塾のサポートのお陰で、第1志望の大学ではありませんでしたが、4月には受かるのは難しいだろうと思われていた第2志望の大学に合格することが出来ました。
 自分の都合に合わせて授業を組めるスタイルは伊藤塾ならではの魅力だと思います。 また、部活等で周りから勉強が遅れていても、先生の指導があれば十分遅れも取り返すことが出来ます。 なので、私のように部活中心の生活を送っている人には特に伊藤塾はおすすめの塾です!

注:伊藤塾真美ヶ丘校高校部受託時の生徒です!

M.K.さん 関西大学法学部 合格

M.K.さん
関西大学法学部合格

私は高校時代、大学の併設校に通っていました。 授業は応用問題ばかり解くといった事はなく、宿題も多くなかったので、自分である程度勉強しないと成績が下がってしまうという感じでした。伊藤塾では学校 で分からなかった事を全部聞いて、その他は自分でするという風にしていました。分からない事は何でも塾で教えてもらう事が出来るという安心感が、自分1人 での勉強をやりやすくしていたんだと思います。
 長い間お世話になりました!
 
注:伊藤塾真美ヶ丘校高校部受託時の生徒です!

D.K.君 関西大学社会学部 合格

D.K.君 香芝高校卒業
2012年 関西大学社会学部 近畿大学法学部合格

自分は高校在学時、大学受験を甘く見ていて見事に落ちました。去年の自分は英語も古文も文法などが何となくわかっている気で、あとは単語などを暗記すればなんとでもなると思っていました。ですが、実際は大学も受からず、伊藤塾に初めて来たときに受けた中学レベルの英語の問題すら半分ほどしか合いませんでした。
 入塾してからは、英語を中学一年生の内容から始め、古文も文法をきっちり教えていただき、横井先生に言われたようにしっかり復習を大事に勉強をしました。もうひとつ先生に、世界史(地歴公民)は安定して点数がとれるからしっかりやるようにと言われました。自分は家ではあまり集中して勉強ができるほうではなかったのですが、長時間空いている塾の自習室を利用して集中して覚えることが出来ました。
 そして9月の入塾時には近畿大学ぐらいを目標にしていましたが、関西大学に合格することが出来ました。伊藤塾は勉強しようとする意志を形にしてくれる塾だと思います。

 注:伊藤塾真美ヶ丘校高校部受託時の生徒です!

<横井からのコメント>

保護者からは家でダラダラしている趣旨の話を聞いていましたし、関関同立に行きたいとの話に、即、否定的な意見を述べました。一般的に言えば、香芝高校から関関同立に進学することは希でしょう。そして、例によって、英語は中1程度のこともよくわかっていない状態でした。
 しかし、実際に教え始めると、性格はとにかく素直であり(これは非常に大切!!)、頭も非常に柔軟でした。(これも重要!)私の指示に従い、本当によく授業の復習を自習室でやっていたのが印象に残っています。(こんな常識的なことも、できそうでできないのです!最近は!)質問も鋭く、詰め込み私立の生徒らよりもどこか賢さを感じながら教えていました。

R.T.君 名古屋大学工学部 合格

R.T.君
2013年 名古屋大学工学部合格

ご無沙汰しております。いままでドタバタしていたので、今回の大学受験結果の連絡が遅れてしまいました。その結果ですが、名古屋大学工学部機械・航空工学科に『合格』することができました!
 これも、横井先生が去年、英語の基礎を叩き込んでいただけたおかげであり、実際の名大の二次試験においても、英語が得点源になっていたと思います。本当にありがとうございました。

<横井からのコメント>

初対面の時は、この子の英語のおかしさには驚きました。例によって中1からやり直しましたが、急速に回復とはいかず、我慢比べだったことを思い出します。こうして、2次試験で英語が得点源となったメールをもらうと本当にうれしいですね。性格が温和で、小さい頃から理系的なものに興味を示してきた子でした。この子は、昨今、珍しい生粋の理系タイプですので、今後が楽しみです。自分のやりたい方向にまっすぐにすすめてよかったです。

S.M.君 大阪府立大現代システム学域 合格

S.M.君
2013年 大阪府立大現代システム学域、立命館情報理工 合格

高校時代全てを通して、私は部活「しか」やっていませんでした。日頃の予習復習はおろか長期休みに出される宿題でさえ、怒られない程度に(たまに怒られていましたが)こなしていました。結果、部活引退後に受けた模試の判定はどの教科も突出することなくそれはもう悲惨……。
 伊藤塾に通い始めたのは夏前でした。入塾面談の際、横井先生にまず言われたのが「英語がひどい」。そして中学からやり直すよう言われた時には衝撃が走りました。しかし英語は一番の苦手教科でしたので、長いものには巻かれろと言いますか、言いたいこともありましたがこの酷い成績が改善されるならと黙って従いました。
 いざ中学からやり直してみるとボロボロと穴が見つかっていきます。それはもう、よく高校入試を突破できたなと思うくらいでした。同時進行で数学も教えてもらいましたが、それも白チャートを使った?Aの基礎の基礎から。
 結局勉強を始めるのが遅すぎたので、その年は志望校には合格できず浪人を選択することになりました。
予備校での勉強は高校よりもレベルが高く、周りではついていけていない人もいましたが、私は伊藤塾で固めた基礎のおかげで難なくついていくことができました。センターも現役時とは比べ物にならないくらいに上出来。そのままの勢いで志望校にも合格できました。
 どれだけ成績が悪くても応用ばかりに手を付けてはいけない。確固たる基礎があれば難問でも解くことができる。にわかに信じがたい話ではありますが、伊藤塾で勉強することでよくわかるはずです。私は試験当日はそれを実感しながら解いていました。
 半年足らずの短い期間でしたが、この合格があるのは間違いなく横井先生のおかげです。大変お世話になりました。

注:伊藤塾真美ヶ丘校高校部受託時の生徒です!
*2012年 うちを卒業後、予備校で学習していました。

<横井からのコメント>

入塾の時期が悪かったですね。その分、他の子より多めのコマ数を途中から確保し、頑張りましたが、現役ではだめでしたね。数Ⅲは元日過ぎから指導開始でしたし。ですが、地頭は非常にいい子でしたし、体験談を読めばわかるように、基礎の重要性もきちんとわかってくれていました。ですから、予備校の1年間で、伸びるべくして伸びたというべきでしょう。この子などをみていると、もっとうちの知名度を上げて入塾の時期を早めていき、うちの指導だけで国公立に現役合格する子を多数、輩出したいという意欲が湧いてきます。実際、今年から、大幅にシステムを変更していきます。乞うご期待!

H.O.君 横浜国立大学経済学部 合格

H.O.君
2013年 横浜国立大学経済学部、同志社経済、関西学院経済 合格

僕は平成25年3月に横浜国立大学経営学部に合格することが出来ました。
 僕はそれまで塾に通わずに自分で勉強していましたが、英語は苦手意識があり不安だったので高3の4月から伊藤塾に通いました。
 伊藤塾での指導は非常にシンプルでした。ほとんどの生徒が中1の英語から始まるのも、大学入試につながる盤石な基礎の為だと思います。(もちろん僕も中1からやりました。)
 僕は横井先生を信じて指導に従い、実際に単語帳も手放しました。自分から参考書や問題集を購入することもなく、伊藤塾の授業とその復習だけをやりました。特別に対策をしていなくても、センター試験で英語は自然に9割を超えるようになり、秋の模試で英語は「苦手科目」から「得点源」になっていました。
 結果的に第一志望の大学には合格出来ませんでしたが、(得意だった数学の失敗が最大の敗因だと思われます…)横井先生のもとで学べて良かったと思います。
 伊藤塾は授業時間こそ多くはありませんが、その内容や指導方法はどんな予備校や塾にも負けないと僕は確信しています。
 最後になりましたが、一年間ご指導してくださった横井先生、本当にありがとうございました。

注:伊藤塾真美ヶ丘校高校部受託時の生徒です!

<横井からのコメント>

本当に手のかからない子でした。皆、こうだと塾の仕事も本当に楽になるのですが。そこそこ実力はありましたが、万全を期すべく、中Ⅰからやり直し。そのような判断にも文句を言うことなく、淡々と従ってくれ、夏期講習、冬期講習もきちんと参加し、ほとんど授業も休まず、センターも英語175点をとり、こうして国公立に合格してくれました。第一志望もいけるのではと思っていましたが、数学はぶっつけ本番の難しさがありますね。人物も素晴らしいので、今後が楽しみな子です。

R.K.君 田北看護学校合格

R.K.君
2013年 田北看護学校合格

僕は2年間看護の勉強をしていました。1年目は予備校で勉強をしていましたが、途中から授業に付いていけなくなり分からなくなり結局ダメでした。
 2年目に伊藤塾に通い、中学1年の英語を基礎から勉強をしてるうちに、今まで分からなかった問題が分かるようになり、自分でもビックリしました。
 伊藤塾では基礎が一番大切だというとこを学びました。
 僕は伊藤塾に通ってよかったと今でも思っています。

注:伊藤塾真美ヶ丘校高校部受託時の生徒です!

<横井からのコメント>

お母さんも、うちの子は相当、英語が苦手とおっしゃってましたし、実際、「考える」という点でいろいろと問題が多数出てきて、時には、厳しい指導となったこともありましたが、素直な性格で(これって本当に大切です!)、うちの指導に最後までついてきました。かなり苦戦しましたが、なりたい職業への第一歩を歩めるようになってくれてよかったです。このような子が目標を突破してくれるのも、本当にうれしいことです。(残念ながら、全員がそうはいきませんので。)

« 前のページへ